千葉でおこなわれる普通の葬儀「一般葬」とは?注意点について

時代とともに葬儀のニーズも変化しています。

それは千葉県においても同様です。

葬儀会社(例:博全社)はニーズに対応したさまざまな葬儀プランを提供しており、「一般葬」と呼ばれる葬儀を行う遺族も少なくなってきました。

しかし、故人の人柄や生前の人間関係を考えると一般葬を行った方が良い場合もあります。

一般葬についてと行う上での注意点をお伝えします。

◇一般葬とは

現在は「家族葬」と呼ばれる、家族や親しい人のみで行われる少人数の葬儀が増えてきました。

逆に、一般葬は家族、親戚、友人、知人、仕事上の知り合いなどあらゆる人を呼ぶ必要がある葬儀です。

斎場を借りたり来場する故人の知り合い1人1人に挨拶をしたり、遺族のやるべきことが最も多い葬儀方法です。

◇一般葬を行う際の注意点

生前、交友関係が広く友人や知人が多かった故人の一般葬は大変です。

遺族は伝え忘れがないようにしなければいけません。

1人1人に亡くなった旨、お通夜や葬式の日程などを伝えなければならないのです。

故人の交友関係が広いほど、その作業は大変です。

現在はスマホが普及し、LINEでのやり取りが増えました。

しかし、高齢者の場合スマホを持たない人、LINEを使っていない人などがいるため電話等を使い全員に知らせるようにしましょう。

◇故人の希望や人柄を考慮して決めよう

葬儀は遺族で意思のみで勝手に内容を決めて良いわけではありません。

故人にも葬儀に関する希望はあります。

故人に最後の別れを告げたい人もいます。

故人の希望が特にない場合、交友関係が広かったのなら一般葬を選びましょう。

多くの方に見届けられ、故人もきっと喜ばれますよ。