風俗の女の子だけではなく、人間はみんな若いほうが“肌がきれいで美尻”。

だから風俗に行ってそれだけで満足度が得られる男子なら、そうすべきです。

■若いほうが美尻なのは当然、仕方のない話

人間は生まれたときから老化がはじまっているので、若ければ若いほど肌は美しく、ピチピチとした弾力があるのは確かです。

その意味で風俗の女の子でも、30代よりは20代のほうが、“美尻確率が高い”のは事実です。

何もしなくても美尻でいられるのが20代の特権。

八王子の風俗店には20代の女の子がけっこう入店していますが、美尻確率は80%以上あると思って間違いないです。

■日本人の美尻観は小さくてもキュートなら~。

ただし美尻といっても、日本人がもつ美尻観は、小さくてキュンとしたお尻で、可愛くてキュートなら美尻。

中南米や欧米がイメージする肉感的な、ボリューミーな美尻とは違う気がします。

アニメ顔で子ども的、ちょっとハニカムような仕草に性欲がそそられるのは、日本人独特の感性です。

最近では海外でのキャラアニブームで、でかい図体をした外国人も、日本の風俗嬢を好む傾向にあります。

八王子でもけっこう外国人が出入りしています。

▽関連記事のご紹介~藤田ニコルの「美尻」に絶賛の嵐『めっちゃきれい』

■美尻は風俗嬢でなくても若いほうが美尻。

しかしそれと性的サービスの満足度とは別ものです。

若いほうが美尻確率が高いのは確かですが、だからといって性的サービスも抜群かといえば、そちらは年の功、キャリアが勝利します。

風俗のメッカと話題の八王子でさえ、どちらをとるかといえば、年の功の風俗嬢を選ぶ男子が圧倒的。

美尻はサイドメニューのようなもの、人の好みの問題です。