飽きのこないデザイン

結婚指輪のデザインにもその年によって、デザインの違いも出てきます。

結婚式を挙げる人も以前に比べて少なくなっていますが、結婚式を挙げなくても、けじめとしてマリッジリングを送ってみるのも素敵です。

結婚式を選ぶポイントもいくつかありますが、最も外せないのはつけ心地です。

毎日のように身につける事になりますが、付け心地が悪いと気軽に身につけられません。

男性は普段指輪をする人も仕事中は外すという事もありますが、指が気になって仕事が出こない事のないように、シンプルであまり装飾のないものがいいでしょう。

シンプルな方が飽きずに長く使えます。

結婚指輪としてではなく、ペアリングを結婚指輪の代わりにする事もできます。

価格も比較的リーズナブルですし、結婚指輪にありがちなワンパターンなデザインを避けつつ、シンプルさを重視すれば飽きずに長く身につけられます。

ブライダルリングにも、ペアリングにも人気の隠れた工夫も意識してみてはいかがでしょうか?

男性用のリングと女性用のリングを重ね合わせると、ハートの模様になるのです。

一つではカーブのように見える模様も、重ね付けするとハートになるのは女性にとって嬉しい工夫でしょう。

若い時に購入すると歳を重ねてから結婚指輪のデザインは年齢にあわなくなる事もあります。

こういう意味でもシンプルなデザインは好まれますが、飽きないようどこかに工夫があるのもポイントです。

結婚式には何かとお金がかかりますし、新生活にもお金がかかります。

経済的な理由で結婚式の時に結婚指輪を用意できなかった場合は、節目となる結婚記念日にセレブレーションリングを夫婦で選ぶのも素敵です。

結婚は生活に邪魔になるものであっては、長く身につけられません。

先輩花嫁が居る場合はどんなところに注意して指輪を選べばいいか、おすすめを教えてもらうのもいいですね。

一般的には派手な装飾は結婚指輪には不要となりますが、爪をつけないでダイヤや誕生石を埋め込むならいいアクセントになります。

結婚指輪の中には刻印を刻む内側に石を入れているデザインもありますから、こういう工夫があると目にした時新鮮さが蘇るので飽きないポイントになります。

色に関しては好みですが、日本ではプラチナ、海外ではゴールドが人気です。

素材により印象も変わりますが、色々と試着してみると、自分の指に合った結婚指輪を見つける事ができます。

わからないときは専門店に行って、専門家のアドバイスを受けてみてください。

Comments

Comments are closed.