自分に似合う物である事

結婚指輪のデザインはいろいろありますが、自分に似合うデザインは人によって違いがあります。

指の太さや長さ、肌の色なども指輪選びのポイントです。

タイプもいくつかありますので、購入時には必ずいくつかのタイプを試着して、自分の指になじむものを選びましょう。

結婚指輪は男性と女性が同じデザインを選ぶのが一般的ですが、特に決まりはありませんから、ジュエリーショップで気に入ったデザインの指輪をマリッジリングとする事もできます。

最初からマリッジリングとして販売されているものなら、デザインもお揃いですし、毎日の生活にも邪魔にならないシンプルなデザインとなります。

幅については大体3ミリ前後が一番よく選ばれますが、少し幅のある指輪はボリュームが出るので、見た目にも存在感はあります。

ただし幅広になるとジャストフィットサイズは変わってきます。
指輪のサイズの測り方>>指輪のサイズを知る事典

指輪の幅太になるほど、サイズは少し大きめを選んでおくのがおすすめです。

指輪の幅が太くなるほど圧迫する部分も広くなり、むくみや血行不良を起こす事があるからです。

むくみに関しては個人差もありますが、夕方はむくみやすいので、夕方になると指がむくみ指輪がきつく感じるような場合は、幅広い指輪はさらに窮屈に感じてしまいます。

お酒を飲みすぎた翌朝や、塩分や水分の摂り過ぎもむくみの原因となりますが、この傾向がある人は、結婚指輪を選ぶときに幅の事も考えておくといいかもしれません。

指が太い人は細いよりも少しボリューム感のあるリングが似合う傾向がありますが、幅広いリングを選ぶときも覚えておくと役に立ちます。

指が太くても細めのリングが好きな場合は、細めを選んでもいいのですが、アーム自体が細すぎてもリングの強度は低くなりますので、適度な太さも必要です。

女性は指の太さをカバーする時、指が細く長く見えるV字のラインを選びます。

V字のタイプにもいろいろありますが、角度が鋭いと繊維に引っかかる事がありますので、緩やかなラインを描いたV字リングがおすすめです。

ジュエリーショップにもたくさんのデザインがありますが、迷ってしまってなかなか決められない場合は、結婚指輪に限定して探すのもいい方法です。

同じように見えても実際は違いもありますが、カタログではその違いもよくわかりません。

実際に自分の指にはめてみて、初めてわかる事もたくさんありますから店頭で試着してみましょう。

お店の人に特徴別に探してもらうのもいいでしょう。

Comments

Comments are closed.