種類はどうやって決める?

結婚指輪も種類があり、デザインも微妙に違います。

見た目にはどれも似通って見えますが、マリッジリングはどれも同じとは限りません。

タイプ別に見ていくと、まず全体の形に分類できます。

ストレート、V字、ウェーブと見た目にも違いが分かるので、旦那さんになる人と一緒に選ぶときに種類を見極める事ができます。

婚約指輪との大きな違いは、派手ではないところです。

婚約指輪はダイヤモンドリングが選ばれますが、ダイヤモンドがついているリングは豪華な印象です。

結婚指輪はシンプルで毎日身につけていても邪魔にならないデザインが基本ですから、見た目は地味に見えるかもしれません。

デザインにこだわるなら、ミル打ちを取り入れたものを選ぶのもいいでしょう。

フルオーダーするなら、ハーフエタニティにしてもいいですし、女性用だけメレダイヤをあしらう事もできます。

ここは好みによる違いもありますが、ファッションとしてデザインを考えて決めるのもおすすめです。

婚約指輪と結婚指輪を重ね付けする人もいますね。

この場合は婚約指輪に合わせてデザインを決めてもいいですし、同じ種類でまとめる事もできます。

ブライダルリング専門店に行くと、婚約指輪と結婚指輪をセットで販売しているので、そういうコーナーをチェックしてみてください。

似たようなデザインに仕上げているので、単体でも使えますし、重ね付けにも最適なデザインに仕上げています。

結婚指輪は左手薬指につけますが、最初に購入したサイズがジャストサイズでも、後から指のサイズが変わる事もあります。

こういう時に備えてアフターケアがしっかりとしているお店で購入しましょう。

サイズ直しはよくある事ですし、直して欲しいときに直してもらえないのではいいサービスとは言えません。

人気のあるブランドや専門店は、こういったアフターサービスもしっかりしています。

結婚指輪を選ぶときはいくつか候補を決めておき、実際に指にはめてみてから決めると失敗なく選べます。

カタログなどでデザインを決める事もできますが、見た目は良くても付け心地がイマイチという事もあるので、現物を指にはめてみるのも大切です。

ストレートの結婚指輪でも、指輪の内側と表面の形が違えば、付け心地も変わってきます。

内側に宝石を埋め込むのも人気がありますが、刻印を入れる場合は文字数が限られる事になるので、文字数を多くしたい人は何もないデザインが合っています。

種類は無数にあるので、じっくり選んでいきましょう。

Comments

Comments are closed.