Skip to content

法人ETCカードを追加して増やす場合は「年会費無料」がお得!

新規に始めた事業が軌道に乗り従業員数も増えてきて、法人向けクレジット機能付きETCカードを増やしたいと思った時、追加カードはどの法人カードがいいのでしょうか?

クレジット機能付き法人カードを発行した方がよい案件

社員が増えてくるにつれて、ETCを利用する交通費以外でも経費の掛かる事案は増えて行きます。

接待時の交通費、ガソリン代、宿泊代、飲食代、手土産等の交際費など、その都度現金を渡したり、社長本人の法人カードを拝借したりするのは大変な手間ですよね。

そこで必要になってくるのが、社員分のクレジット機能付きETCカードです。

メリットとしては金銭トラブルの回避や、クレジットカード特典の利用、サービスポイント、マイレージポイントが溜められる事、そして、経理処理のコスト削減が出来る事です。

そのメリットを考えた場合、選ぶべき法人カードは「ポイントが溜まりやすく、付帯サービス等も充実しているカード」という事になります。

ポイント還元率が高ければ高いほどお得になりますので、よく吟味する必要がありますね。

デメリットとしてはクレジットカードに付随する年会費等の経費がかかる事。

クレジットカードの年会費は一枚ならばそれほど高いものではありませんが、枚数分かかるとなると、相当の負担になります。

それを回避する為には、なるべく年会費の安い……出来れば無料のカードがおすすめです。

クレジットカードの年会費の他にも付帯してくるETCカードの年会費も掛かってくる場合がありますので、この辺もチェックを怠らないようにしましょう。

勿論無料のものが一番いいです。

他に留意すべき点として「追加カードの発行枚数上限を必ず確認する事」です。

これから社員が増えるにつれて、カードも増やしたい場合、追加カードの上限があっては思うように増やせなくなってしまいます。

いざ増やそうと思った時に、増やせなかった!という事態にならないよう、発行枚数が無制限の法人カードを選びましょう。

企業必見!ETCカードを追加する際カードを選ぶポイント

①クレジットカード・ETCカードの年会費が安い事

②ポイント還元率が高い事

③付加サービスが充実している事

④追加カードの発行枚数が無制限である事

法人カードの追加発行に必要な書類

追加の法人カードを発行するには以下の書類が必要となります(JCBカードの場合)

①支払いに指定される民間金融機関の口座番号またはゆうちょ銀行の通帳番号を確認できるもの

②代表者または個人事業主本人と確認できる本人確認書類
(日本国内発行の運転免許証または運転経歴証明書・パスポート・在留カード・特別永住者証明書・マイナンバー(個人番号)カードなどのコピー)
および法人の本人確認書類(現在事項全部証明書・履歴事項全部証明書の原本またはコピー)

③法人の本人確認書類にて「法人の名称」「本店所在地」「事業内容」「代表者氏名」を確認。

記載のない場合や現在の内容と異なる場合は、別途連絡。

これらのものを用意した上でオンラインで追加発行を申し込めば1~2週間ほどでカードが発行されます。

何かと便利なクレジット機能付き法人カードですが、一つだけ注意しなければならない事があります。

それは、「従業員の私的流用」です。

クレジット機能付きと言う事は現在はほとんどの支払いにカードが使えてしまいます。

つい出来心で、かかった経費以外のものを法人カードで支払ってしまった、という事が起きるかもしれません。

その辺は会社の管理能力の問題ですので、個々のカード利用額の照会や管理はきっちりと行いましょう。