Skip to content

法人ETCカードは経費管理が楽になる「利用明細書」が便利!

これまで法人名義のクレジットカードやETCカードについて色々なメリットやデメリットを解説してきましたが、今回は法人カードにおけるメリットの一つでもある「経理業務の効率化」をメインにお話ししようと思います。

会社に法人カード(クレジットカード・ETCカード)を導入すれば、今まで現金等の受け渡しで煩雑になっていた経理業務の効率化に役立ちます。

経理業務の経験がある人間なら一度は経験があると思いますが、現金のやりとりで発生する領収書の発行や管理、申請等は思ったよりも手間がかかり、件数が増えれば増える程手間も時間も掛かってしまうのです。

現金そのものの管理にも当然気を遣わなければなりません。

その点、クレジットカードを初めとした法人カードであれば、カード利用時も特に手間はなく、その後も月に一回発行される「利用明細書」一枚で大体の事はカバーできてしまいます。

これは経理の効率化にとっては革新的な事でしょう。

経理部門の社員の仕事も大幅に軽減され、余力を他に回す事が出来ます。

法人カード導入の経理における大まかなメリットとしてはこんなところです。

法人クレジットカードについて

法人クレジットカードを導入した際の経理処理上のメリットは、利用項目ごとに分類する必要はありますが、一括で入力する事ができる点です。

現金取引の場合は、現金を出すたびに発行される領収書を一枚一枚捲りながら細かく入力をしなければなりませんが、カードは一括引き落としのため、全てを集約して一行で入力する事が出来ます。

詳細は「カード利用明細書」をみれば支払いの理由も時間も利用場所も明確なので、何かあった時でも安心ですよね。

何よりも何十枚も小さくてかさばる領収書を整理しなくていいという所は魅力的ですよね。

唯一のデメリットは、クレジットカードは持って居る人間なら誰でも使える物なので、社員が私的に利用してしまったりする事。

これだけは第三者がどれだけ注意を払っても防げるものではないのでしっかりとした社員教育を初めとした内部体制を作る様に心がけましょう。

法人ETCカードについて

現在運送、運輸、建設業は勿論の事、その他の業種でも営業用の車両を保有している企業は多く、高速道路を使う事も多々あると思います。

その場合、ETCカードを保有していないと毎回領収書を貰う事になります。

その利用が頻繁になればなるほど、領収書が増える事になり、経理の手間が増大します。

その点法人ETCカードを保有し高速道路、高速道路を使用した翌月等に登録の預金口座から自動的に料金が引き落とされます。

経理処理は1行「旅費交通費」として入力するだけなので、かなりの経理処理の効率化が望めます。

ただクレジットカード機能付きのETCカードの場合、もしETC利用以外でカードを使ってしまうと、利用明細書に様々な項目で請求金額が記載されてしまうので、出来ればETCカードはETC利用にのみ使用するのが望ましいです。

ETCカード、クレジットカード共通の注意点としてはカードの引き落とし、カード明細の到着は支払月の翌月以降になるため、決算月等は忘れずに「未払計上」をする必要があります。

カードで支払った金額は「使ったその日に経費」となるのです。

カードで引き落とされた日時ではありません。

この辺は間違えのないようにしましょう。

以上が経理処理における法人カードのメリットです。

ざっと調べただけでもこんなにもが良くなるものなんですね。

最後に経理処理以外でのメリットについても少し触れたいと思います。

○ポイントが溜まる

各種法人カードにはそれぞれ様々な特典やポイントがつくものが殆どです。

支払った金額に対して還元されるポイントを効率よく使う事で、経費の削減にも繋がりますよね。

○優待サービスがある

法人カードにはポイントの他にバリエーション豊かな付帯サービスがつくものもあります。

旅行保険やショッピング保険などの各種保険、福利厚生サービスなど。

この福利厚生サービスを使えばレジャー施設や宿泊施設などの優待割引を受けることができます。

中小企業等で福利厚生にあまりお金を使えない所には有り難いサービスです。

色々とお得な事が多い法人カード。

利用明細の管理、保管などは現金支払いの時と同じく重要なので、疎かにしないようにして下さいね。

賢く利用して、よりよい会社運営が出来るようになればいいですね。